学校教育教員養成課程国語教育講座

国語教育講座

国語教育講座では、国語学、国文学、漢文学及び国語科教育法を習得します。学生は第1学年では「概論」を受講して各分野の基礎的知見を広め、第2学年以降で各学科目の「各論」を学ぶ過程で各々自分の専門とすべき分野を見つけ出していきます。そして第3学年後学期に開講される「研究」で専門分野における研究能力の基礎を形成し、第4学年では「演習」によって問題解決能力を涵養しつつ、卒業論文を作成していきます。

子供たちに百人一首を教える国語教育講座の学生たち

教授 根岸泰子 ProfessorNEGISHI Yasuko 研究者情報

研究室の紹介

近現代文学ゼミでは、研究する作品を「通読」することが基本です。その上で、作家の生きた時代と社会、表現の特性、文学史的影響関係などの切り口を選んでその独自性を論じます。目指すのは、教材研究ができ生涯学習としての文学観をもった人材の育成です。

教授 佐藤貴裕 ProfessorSATO Takahiro 研究者情報

研究室の紹介

安定したコミュニケーションを望むなら、言語変化はありえない。けれども、言語は変化していく――この不可解な現象を、まずは史的文献や方言分布のうえに見つけていきます。さらに解明をめざして、言葉はもちろん、言葉を使う人間、人間の集合である社会、社会が醸成する秩序・習俗などなどをも見つめ、総合的に考えていきたいと思います。

教授 安 直哉 ProfessorYASU Naoya 研究者情報

研究室の紹介

安研究室では、国語科教育史研究、国語科教育思想研究、国語科教材研究等を行っている。特に近代日本の国語教育理論の基礎を形成した「形象理論」を研究対象としている。「形象理論」の生成と展開の過程について文献研究を進めている。また昭和戦前期の国定国語教科書の研究にも着手している。

教授 山田敏弘 ProfessorYAMADA Toshihiro 研究者情報

研究室の紹介

山田ゼミでは、現代日本語の諸現象を言語学的に研究するのであれば、日本語とその方言だけでなく外国語との対照研究も含め、自由にテーマを設定して学んでいくことができます。さらに、言語学的知見を国語教育に応用する研究も奨励しています。

准教授 小林一貴 Associate ProfessorKOBAYASHI Kazutaka 研究者情報

研究室の紹介

国語教育学の学習指導論を専門領域とし、主に学習者論的アプローチに基づいた国語科の授業分析研究を行っています。教室の具体的な事象に沿って学習の内実を明らかにするとともに、それに基づいた授業実践の開発に取り組んでいます。

准教授 好川 聡 Associate ProfessorYOSHIKAWA Satoshi 研究者情報

研究室の紹介

漢文には歴史、思想、文学に関する様々な古典がありますが、本講座では文学の領域について研究する視点を養います。時代や地域を越えて1000年以上も残り続ける作品が持つ普遍的な魅力を、漢詩の輪読等を通じて考えていきたいと思います。

Page Top