学校教育教員養成課程美術教育講座

美術教育講座

美術教育講座では1学年10名~11名の少人数教育により、学生ひとりひとりの適正と能力に対応するきめ細かな指導体制を常に心がけています。1年次から絵画、彫刻、デザイン、工芸の基礎を確実に学ばせるとともに、各学年を通じて学生の作品制作と美術理論研究を専門教員が指導します。児童とふれあいながら実践的な美術教育を学ぶワークショップ等の機会を充実し、図画工作と中学校美術の主導的な教育者養成に取り組んでいます。

青空の下、子ども達と巨大なバルーンを広げる美術教育講座の学生

詳細は、美術教育講座のページ をご参照ください。

教授 谷 誉志雄 ProfessorTANI Yoshio 研究者情報

研究室の紹介

古来から人間は、様々な自然素材を利用して生活に役立つ道具を作り、感性を豊かにする造形をそれらに付加してきました。工芸の授業では、木、金属、陶芸、染色、プラスチックなど、いろいろな材料がもっている特徴を理解し、制作技法と造形表現の基礎を学習します。

教授 佐藤 昌宏 ProfessorSATO Masahiro 研究者情報

研究室の紹介

絵画専攻では、1.2年次は、描写力と構成力の育成に重点を置いて指導します。各専攻に分かれる3年次からは、50号以上の大作を制作することで表現力も身につけます。学生は毎年、美術館等で作品を発表してレベルアップを図り、卒業制作へ繋げてゆきます。

教授 辻 泰秀 ProfessorTSUJI Ysuhide 研究者情報

研究室の紹介

学校の図画工作や美術の授業における教育内容・教材・指導方法等について、教材づくりや教育実践の考察を通して研究しています。美術教育の現場と連携をとり、子どもの表現や鑑賞の活動への理解を深めながら、学生の実践的な志向や力量を高めていきます。

教授 野村幸弘 ProfessorNOMURA Yukihiro 研究者情報

研究室の紹介

美術理論・美術史では、芸術家と芸術作品の意味、意義、重要性を学ぶことを目的としています。美術作品同士のつながりを理解し、芸術家の思想とその社会的背景を考察します。芸術家、芸術作品について卒業論文を書き、その成果を小中学校での鑑賞教育へとつなげます。

教授 河西栄二 ProfessorKASAI Eiji 研究者情報

研究室の紹介

彫塑では、粘土、石膏、テラコッタ、木、軟石などを材料とした制作に取り組みます。素材の感触やつくることの楽しさを味わい、試行錯誤しながらより良いかたちを求めてつくり続ける感覚を身につけます。卒業制作では半年から1年かけて2メートル近い大作にも挑戦します。

准教授 山本政幸 Associate ProfessorYAMAMOTO Masayuki 研究者情報

研究室の紹介

情報をビジュアルに伝えるための方法を学ぶことにより、社会における視覚伝達デザインの役割を考えます。文字や写真、絵文字、地図、絵本、ポスターなどの実習を体験しながら、手作業による作品制作の基礎と情報機器を用いた表現の技法を修得します。

Page Top