教育学研究科の教育における3つの方針

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

教育目的

本研究科は、教育に関する学術の理論及び応用の教授研究に基づき、高度な資質と実践能力を備えた教育専門職者及び教育関係者を養成するとともに、教育専門職者への再教育により教育専門職者の資質の向上に資することをとおして教育文化の発展に寄与していくことを目的としています。

求める学生像

本研究科は、学校教育に深い関心のある人、学術の理論と教育との関係について関心のある人、教科の背景となる専門領域の学問を深めることに意欲を持つ人を求めます。

加えて、教職大学院では、学校現場の実践や開発に即戦力として貢献する高度な教育専門職を養成します。学校管理職養成コースは、自律的及び協働的な学校運営を推進できるマネジメント力を身に付けたい現職教員を求めます。また、教育実践開発コースは、授業開発、教育臨床、特別支援教育に関する高度な課題解決力を身に付けたい現職教員や、学校で活躍できる応用力を求める学部生を求めます。


教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育学研究科は、基盤的能力及び専門的能力を備えた高度な教育者を養成するため、以下の方針に基づきカリキュラムを構成し実施します。

  1. 教職に必要な専門的開発能力を習得するための全専攻共通科目として位置付けられた科目
  2. 深い見識と各専門分野の知見に立脚した知識・技能及びその見方・考え方を習得するための各専攻の専門科目
  3. 教育に関する基礎的及び応用的問題を設定し、それぞれの研究課題を追求した学位論文等の作成

修了認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

教育学研究科は、教育文化の発展に寄与していくために、高度な教育専門職者及び教育関係者を社会に送り出すことを目標に掲げている。本研究科で学ぶ者は、高度な教育者として教育界で力を発揮できるように、基盤的能力の総合判断力、コミュニケーション力、自律的行動力を備え、以下のような高度な専門的能力を習得する。

子どもを理解し子どもと関わる能力

達成すべき水準
子ども理解のために必要な基礎知識を持ち、それを応用し子どもと関わることができる。
子どもに対して公平かつ受容的な態度で接し、豊かな人間的交流を行うことができる。
子どもとの間に信頼関係を築き、学級集団を把握して、規律ある学級経営を行うことができる。

教科等の学習内容を深め教材分析につなげる専門的能力

達成すべき水準
学習指導要領の内容を踏まえて教科についての教育課程を編成することができる。
自分の専門教科と関連する分野の中での教科の意義をとらえることができる。

教育実践の方法と技術に関する専門的能力

達成すべき水準
専門教科における教材分析や教材開発ができる。
専門教科を子どもの発達に応じて適切な指導展開ができる。
子どもの反応や学習の進行状況に応じて、授業計画や学習形態等を柔軟に工夫し、目標へと導くことができる。

教育実践に関する具体的方法及びシステムを開発する能力

Page Top