教育学部の教育における3つの方針

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

教育目的

教育学部は、多様で調和のとれたカリキュラムのもとで、幅広い教養と知性や深い洞察力を持ち、知識を批判的に継承しつつ自ら課題を設定し創造的に解決できる能力の育成を目標としています。 そして、教え学ぶことの喜びと尊さを自覚しつつ、地域ひいては世界の教育と福祉に貢献しうる豊かな人間性を身につけた社会人・教育者の育成を目指します。

求める学生像

優れた教員の養成と、社会の多様な学習要求に応えるための教育専門家を養成する観点から、積極的・主体的に学び、理想とする教育の実現を図ろうとする情熱と意欲を持つ学生を求めます。

高等学校における学習には、履修する教科・科目の基礎的理解と同時に、入学を希望する分野をより深く理解しようとする資質、実技系においてはその基礎的実践能力を求めます。

学部の入試における特色

前期・後期日程

卒業後に教師として必要となる幅広い基礎的学力を問うべく、センター試験を課します。個別学力検査では、前期日程において英語、数学、国語から2教科(実技系は関連する実技と1教科)、 後期日程においては英語、数学、国語、理科(物理・化学・生物)から1教科(実技系は関連する実技)の試験を課し、教育学部で学ぶのに必要な論理的思考力(実技系は実技能力)を持つ学生の入学を期待しています。

高等学校における学習では、履修する教科・科目の基礎的理解と同時に、入学を希望する分野をより深く理解しようとする資質を養ってください。実技系においては、基礎的実践能力を育成してください。

推薦入試Ⅱ

面接では、希望する分野の基礎的理解・実践能力・論理的思考・コミュニケーション能力などを総合的に判断します。推薦入学Ⅱではセンター試験を課します。

高等学校における学習では、履修する教科・科目の基礎的理解と同時に、入学を希望する分野をより深く理解しようとする資質を養ってください。実技系においては、基礎的実践能力を育成してください。


教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育学部のカリキュラムは、各種教員免許状取得に必要な授業科目を中心に構成する。 実習・実践科目であるACT プラン(1年次の教職トライアル、2年次の教職リサーチ、3年次の教職プラクティス、4年次の教職インターン)をコアとし、 さらに2年次には介護等体験を位置付けるなど、教育現場での体験を重視したカリキュラム構成とする。

学生は、教育に関わる教職科目と教育内容の柱となる教科科目等、さらに教育方法に関する科目を各学年にわたって学習する。 それぞれの科目では、実習・実践科目からのフィードバックを取り入れながら教員養成を十分に視野に入れて学習する。

3年次で教育実習(教職プラクティス)を実施するため、多くの科目は3年次までに履修する。4年次では教職実践演習を通して教員の資質の補完をし、大学の学習の集成として卒業論文等を作成する。

専門とする教科等の授業や演習・実験は、講座のまとまりを活かし、少人数を基本にしながら、講座の特色を生かした内容と方法で学習する。

教育実習や教職科目では、講座を横断的に講座間のコミュニケーションも大切にしながら学習する。

個々の授業科目の学習内容等については、カリキュラムマップとシラバスに記載する。


卒業認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

岐阜大学では、全学共通教育の教養教育の時期から4年間を通して豊かな人間性を支える基盤的能力として、考える力(総合的判断力)、伝える力(コミュニケーション力)、進める力(自律的行動力)を身につける。

教育学部では、学校教員養成課程と特別支援学校教員養成課程のそれぞれの課程において、所定の単位数を修得し、所定の教育職員免許状を取得する。 また、学校教員に必要な知識ならびに技能を身につけるとともに、広く社会においても教育関係に携わるために必要な知識や技術を修得する。

具体的には、以下のような高度な職業人として必要な専門的能力を身につける。

豊かな人間性、強い責任感、行動力ならびに課題解決能力等、社会人としての基本的な能力・コミュニケーション能力

達成すべき水準
職責や義務の自覚に基づき、目的や状況に応じた適切な行動をとることができる。
組織の一員として自覚をもち、他の教職員と協力して職務を遂行することができる。
保護者や地域の関係者と良好な人間関係を築くことができる。

子どもについての理解、ならびに子どもと関わる能力

達成すべき水準
子ども理解のために必要な基礎知識を持っている。
子どもに対して公平かつ受容的な態度で接することができる。
子どもとの間に信頼関係を築き、学級集団を把握して、規律ある学級経営を行うことができる。

教科等の学習内容および教材に関する基礎的な知識とその応用力

達成すべき水準
学習指導の基本的事項を身につけている。
板書、話し方、表情など授業を行ううえでの基本的な表現力を身につけている。
子どもの反応や学習の定着状況に応じて、授業計画や学習形態等を工夫することができる。

教育実践の方法と技術に関わる基本的な知識と実施する能力

達成すべき水準
教育の理念、歴史、思想について基礎知識がある。
教育課程の編成に関する基礎知識がある。
教科書や学習指導要領の内容を理解している。

学校教育についての理解と教育実践力

Page Top