憲章・基本戦略

岐阜大学教育学部・教育学研究科憲章

教育は、平和で豊かな世界、人類の福祉、学術・文化を創成しその恩恵を享受するために、人間が行い受ける、欠くことのできない基本的権利である。岐阜大学教育学部・教育学研究科は、この理念のもと、すべての人に幅広い教養と高い水準の専門的力量をもって教育を行う専門家ならびに教育関係者を育成する。

岐阜大学教育学部・教育学研究科は、日本国憲法とユネスコ高等教育宣言で保障された大学の自治、学問の自由を基礎にした相互対話・交流による学生・教職員の自覚的参加によって、教育・研究を行い、社会に貢献する。

教育の目標

1.岐阜大学教育学部・教育学研究科は、多様かつ調和のとれたカリキュラムのもと、先進的で深い知見と経験に基づき、教え学ぶことの喜びと尊さを自覚しつつ、学び究める教育機関であり続ける。

2.岐阜大学教育学部・教育学研究科で学ぶ学生は、教育改善への参画が保障された環境のもとで、自主的、自律的に学ぶことによって、各自の能力を最大限に発揮しながら個性を伸ばし、専門的教育者・社会人として成長する。

3.岐阜大学教育学部・教育学研究科の教職員は、岐阜県を中心とした地域、ひいては世界の教育と福祉に貢献しうる豊かな人間性、幅広い教養と知性、深い洞察力を兼ね備え、知識を批判的に継承しつつ自ら課題を設定し創造的に解決できる専門的能力を身につけた社会人・教育者の育成を目指す。

研究の目標

4.岐阜大学教育学部・教育学研究科は、科学的で創造性に富む優れた研究成果を生み出し社会全体に還元すると同時に、学術と文化の創造および学校教育の深化と発展に貢献する。

5.岐阜大学教育学部・教育学研究科の教育職員は、人文、社会、自然、芸術、スポーツ各分野の基礎研究と、それを踏まえた実践的研究を究め、またその融合を図りながら、その研究成果を積極的に教育に反映し、教育の専門性を深化、発展させる。

6.岐阜大学教育学部附属学校は、教育学部・教育学研究科と密接に連携し、授業研究を行いつつ、その成果をふまえた先進的な教育実践を行い、学校教育のモデルを提供する。

社会貢献の目標

7.岐阜大学教育学部・教育学研究科は、教育・研究の成果を社会全体へ還元することを通して、人類が平和で豊かに暮らせる、自然と調和した持続可能な未来社会の実現に寄与する。

8.岐阜大学教育学部・教育学研究科の学生・教職員は、その社会的責任を深く自覚しつつ、学習・教育・研究に励み、その成果を広く社会に開放する。

9.岐阜大学教育学部・教育学研究科は、世界の教師教育の充実と発展に寄与するための国際交流を積極的に行う。

10.岐阜大学教育学部附属学校は、教育実習をはじめとする教員養成実践カリキュラムであるACTプランと教員研修の場として、学部・大学院における実践教育と地域教育界の発展に寄与する。

運営方法と構成員の責務

11.岐阜大学教育学部・教育学研究科の学生および教職員は、正義と公正を追求する高い倫理観を持ち、教育、研究、社会貢献の目標達成のために不断の努力を行いつつ、大学ならびに学部の運営にも積極的に関わる。

12.岐阜大学教育学部・教育学研究科は、教職員の自覚的参加のもと、学部長・研究科長のリーダーシップにより構成員の意思をまとめ、教育界や地域社会をはじめ、国際社会に貢献する。


基本戦略

教育基本戦略

1.学部教育の質の向上を目指す。

  • 豊かな教養、専門的な知識・技能、健全な精神、教育に対する情熱と責任感を備えた教員の養成を目指す。
  • 教育実践力の向上を目指す実践的カリキュラム(ACTプラン)を充実する。
  • 教育の質を向上させるために、定期的かつ継続的に、学生による授業評価と卒業時アンケートを行い、ファカルティ・ディベロップメント(FD)を通じて、教育改善のPDCAサイクルを充実させる。
  • 教育学部附属学習協創開発研究センターを中心に、よりよい教育の開発研究を不断におこなっていく。
  • 学生が主体的に思考する力を発展させ、自主的に学習するための学修環境を整備する。
  • 学生の人間的成長を助け、コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力を向上させる手法(アクティブラーニング等)を授業に取り入れる。
  • 国際的な視野から岐阜県を中心とした地域をより良く理解するための教育を行い、岐阜県を中心とした地域で活躍できる教員を養成する。
  • ICT(情報伝達技術)を活用した教育を推進する。
  • 子どもと教育に対する高い関心・熱意と資質を兼ね備えた多くの学生が入学するよう、入試選抜の方法を不断に改善する。
  • 幼児期教育に関心をもち、理解しようとする教員を養成する。

2.大学院教育を充実する。

  • 高い専門性と優れた実践力を備えた教育専門職ならびに教育関係者を養成する。
  • 教職大学院においては自立的および協働的な学校運営を推進するための学校マネジメント力を伸ばす。
  • 教職大学院においてはミドルリーダー養成を目的とした臨床実習を充実させるとともに、管理職養成を目的とした臨床実習を構築し展開する。
  • 力量のあるスクールカウンセラーとなる臨床心理士を養成する。

研究基本戦略

1.学校現場との共同研究を積極的に行う。

  • 附属学校との共同研究を積極的に推進する。
  • 教育学部附属学習協創開発研究センターと特別支援教育センターが中心となって、学校現場との共同研究、県および市・町の教育委員会等との共同研究および受託研究を進める。

2.教育に関する特色ある研究を戦略的に発展させる。

  • 教員研修のための基礎的研究を進める。
  • 国および地方教育行政の教育政策立案と実施に関連する研究を進める。

3.科学研究費補助金をはじめとした外部資金をより多く獲得する。

4.地域社会及び国際社会と連携した研究の積極的な推進を図る。

  • 世界の高等教育機関と連携し、世界の教師教育を前進させるため、研究者や留学生の交流を積極的に推進する。

社会貢献基本戦略

1.地域教育界に貢献する。

  • 学校現場における授業研究会などに積極的に参加し、教育支援に努める。
  • 国および地域教育行政の政策立案と実践に貢献する。
  • 地域の教育委員会と協働して、教員のリカレント教育の立案と推進に貢献する。
  • 出前授業に参画する。
  • 一般市民向け・子ども向けの公開講座を充実させる。
  • 地域における学生のボランティア活動を促進する。
  • 特別支援教育センターと心理教育相談室が中心となって、特別支援教育やいじめ、不登校等の教育現場で生じる諸問題への支援・相談活動を行なう。

2.教員研修に貢献する。

  • 岐阜県および県内市町村の教員研修に協力する。
  • 教員免許状更新講習において、岐阜県内での中心的役割を果たす。
  • 現職教員の研修の場として大学院教育を充実する。

3.国際社会と連携し研究成果の積極的な展開推進を図る。

  • 研究ならびに教育の成果を、海外の大学に積極的に展開する。
  • 多文化共生のための教育研究を進め、日本語を母語としない児童生徒の教育を行える資質をもった教員養成を目指す。

運営基本戦略

1.中期目標、中期計画を確実に実行する。

  • 年度計画の着実な遂行を通じ、進捗状況を組織評価に反映させつつ、中期目標を確実に達成する。

2.評価を運営に生かす。

  • 教職員の幅広い活動を評価し、その結果を組織運営に生かす。

3.透明、効率的、迅速な運営を行う。

  • 情報の透明性を運営の基本とする。
  • 教育・研究・運営などについて教職員の声を反映させる。
  • 学部・大学院が進む方向の認識を全教職員が共有する。
  • 学長・役員会の意志が教職員に迅速に伝わり、実施できる組織とする。
  • 無駄を排した、効率的・合理的な組織で運営を行う。
  • 法令遵守を徹底する。
  • 情報管理を徹底する。

4.厳しい財政状況に対応した経営を進める。

  • より多くの外部資金を獲得するための戦略を図る。
  • 環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001を遵守することで、無駄のない経営を行う。

5.岐阜大学教育学部・教育学研究科の知名度を高める。

  • これまでの実績を分かりやすく広報する体制を作り、その内容を社会に広く認知されるよう広報活動に力を入れる。

Page Top