憲章

岐阜大学教育学部・教育学研究科憲章

教育は、平和で豊かな世界、人類の福祉、学術・文化を創成しその恩恵を享受するために、人間が行い受ける、欠くことのできない基本的権利である。岐阜大学教育学部・教育学研究科は、この理念のもと、すべての人に幅広い教養と高い水準の専門的力量をもって教育を行う専門家を育成する。

日本国憲法とユネスコ高等教育宣言で保障された大学の自治、学問の自由を基礎にした相互対話・交流による学生・教職員の自覚的参加によって、教育・研究を行い、社会に貢献する。

教育の目標

1.多様かつ調和のとれたカリキュラムのもと、先進的で深い知見と体験に基づき、教え学ぶことの喜びと尊さを自覚しつつ、学び究める教育機関であり続ける。

2.学生は教育改善への参画が保障され、自主的、自律的に学び、その能力を最大限に発揮しながら個性を伸ばし、専門的教育者・社会人として成長する。

3.教職員は、地域ひいては世界の教育と福祉に貢献しうる豊かな人間性、幅広い教養と知性、深い洞察力を持ち、知識を批判的に継承しつつ自ら課題を設定し創造的に解決できる専門的能力を身につけた社会人・教育者の育成を目指す。

研究の目標

4.科学的で創造性に富む優れた研究成果を生み出し、学術と文化の創造及び学校教育の深化と発展に貢献すると同時に社会全体に還元する

5.人文、社会、自然、芸術、スポーツ各分野の基礎研究と、それを踏まえた実践的研究を究め、またその融合を図りながら、その研究成果を積極的に教育に反映し、教育の専門性を深化、発展させる。

6.附属学校は、教育学部・教育学研究科と密接に連携し、授業研究等の成果をふまえた先進的な教育実践を行い、学校教育のモデルを提供する。

社会貢献の目標

7.教育・研究の成果を社会全体へ還元することを通して、人類が平和で豊かに暮らせる、自然と調和した持続可能な未来社会の実現に寄与する。

8.学生・教職員は、その社会的責任を深く自覚しつつ、学習・教育・研究に励み、その成果を広く社会に開放する。

9.国内外の高等教育機関と連携し、世界の教師教育の充実と発展に寄与するための国際交流を積極的におこなう。

運営方法と構成員の責務

10.学生が学ぶ喜びを感じ、教職員が働きがいと教育・研究への意欲を持ち続けることができる学部運営をめざす。

11.学生および教職員は、正義と公正を追求する高い倫理観を持ち、教育、研究、社会貢献の目標達成のために不断の努力をおこなう。

12.附属学校は、教育実習をはじめとする教員養成と教員研修の場として地域教育界の発展に寄与する。

13.教育学部・教育学研究科は教職員の自覚的参加のもと、学部長・研究科長のリーダーシップにより構成員の意思をまとめ、教育界や地域社会をはじめ、国際社会に貢献する。

Page Top