教育学研究科について

教育学研究科の教育目的

今日、我が国における教育的課題は多様化・複雑化しており、社会からは教員養成の重要性とともに研修による継続的な教員の資質向上と実践的力量の向上が求められています。教育学研究科は、今日及び将来の教育諸課題に対応すべく「教育の内容・在り方・方法」を研究・提案し、そして実践に結び付ける、高度な資質と実践能力を備えた教育専門職者および教育関係者を養成します。また、教育専門職者への再教育により教育専門職者の資質向上に資することをとおして教育文化の発展に寄与していきます。


教育学研究科の3つの専攻

本研究科には、平成20年4月に設置された「教職実践開発専攻(教職大学院)」と「心理発達支援専攻」、平成25年4月に設置された「総合教科教育専攻」の3つの専攻があります。総合教科教育専攻のカリキュラム開発コースでは、全国の教員養成系大学・学部に先駆けて、インターネット・サテライト型システムを活用した夜間・遠隔による大学院を開設し、地域の教育を担う指導的な人材が在職のまま大学院で研修・研究できるように学習機会を広く提供しています。また、教職実践開発専攻は、平成29年4月に改組し、「学校管理職養成コース」と「教育実践開発コース」の2コースになりました。全国初となる学校管理職養成コースでは、新しい学校づくりを牽引し、岐阜県の未来を担うリーダーを養成します。教育実践開発コースは、学校の中堅・地域の中核となるミドルリーダーの養成と、学校で活躍できる新人教員の養成を目的としています。

専攻 コース 募集人員 夜間・遠隔教育特別措置受入
(現職教員等対象)
(遠隔)
教職実践開発
(教職大学院)
学校管理職養成 25人
教育実践開発
心理発達支援 臨床心理学 10人
学校心理学
特別支援教育
総合教科教育 言語社会 34人
サイエンス
芸術身体表現
カリキュラム開発
合計 69人

働きながら学びたい先生を応援する制度

夜間・遠隔授業の開設

本研究科は、昼・夜開講制により、学生を受け入れています。夜間授業の開設により、地域の教育を担う指導的な人材が在職のまま大学院で学び・研究できる機会を提供しています。

こうした特別措置を受け入れているコースは、教職実践開発専攻の教育実践開発コース、心理学発達支援専攻の学校心理学コースおよび特別支援教育コース、総合教科教育専攻のカリキュラム開発コースの4コースです。

総合教科教育専攻のカリキュラム開発コースでは、岐阜大学で開講されている夜間授業をサテライト教室や、インターネットで接続された機器等を介して自宅などから受講できる「遠隔授業」も同時に実施しています。これにより、全国どこからでも授業を受けることができ、勤務時間外の平日の夜間および休日に講義は開講されるため、働きながら無理なく学ぶことができます。ただし、年2回は岐阜大学において対面での講義に出席してもらいます。

サテライト教室

熊本サテライト教室
〒862-0953 熊本市中央区上京塚町5-1 熊本県立熊本工業高等学校内
岐阜大学駅前サテライト教室
〒500-8844 岐阜市吉野町6-31 岐阜スカイウイング37 東棟4階

大学院の科目等履修生の受け入れ

科目等履修生として大学院科目の単位を取得されている方には、本研究科に入学した場合に既に取得されている単位は、大学院の受講科目の単位として認定されます。この制度を上手に活用し、在学年数を短縮して修了された方などがおられます。

長期履修制度

本研究科では、平成15年度入学生から長期履修制度を導入しています。長期履修制度とは、職業を有する者が、標準修業年限を超えて、一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修できる制度のことです。詳細は、教育学部学務係へお問い合わせください。

修業年限短縮制度

岐阜大学大学院学則の規定に基づき、所定の単位を修得し、学位を授与されるための研究計画等において、特に優れた業績が認められる者は修業年限を短縮できるという制度です。この制度を利用した場合には、標準修業年限2年のところ、1年又は1年6月に短縮することができます。ただし、この制度が利用できるのは、心理発達支援専攻および総合教科教育専攻の2専攻です。

Page Top